世界では大人気&ビタミンも豊富【ひまわり油】の基礎知識

サプリメントマイスター/食用オイルソムリエ
40代男性、定期的に運動をしているにも関わらず健康診断でLDLコレステロール値が下がらなかったことをきっかけに油・脂習慣に注目し始める。食用オイルソムリエ、サプリメントマイスター資格を取得し、本サイトの編集長として専門性、信頼性のある情報発信を目指す

1. ひまわり油の基本情報

ひまわり油のイメージ写真

ひまわり油はその名の通り、ひまわりの種を脱穀した後に搾ってつくる植物油で、JAS(日本農林規格)の「サラダ油原料として定められている9種類の内の一つ」になります。

ひまわりには白と黒の2種類の種子がありますが、製油用に用いられるのは黒の種子です。あっさりとしたくせのない風味で素材の風味を損ねないので広く調理に使用され、炒め物、揚げ物やそのままサラダにかけて食べる(加工してドレッシングにする)等、幅広く世界中で食されています。

現在出回っているひまわり油のほとんどがハイオレイック種の種子から製造された油で、日本ではそれほど認知度は高くありませんが、世界ではサンフラワーオイルとして人気があります。
※紅花油をサフラワーオイルと呼ぶので間違えやすいですが、ひまわり油はサンフラワーオイルです。
日本でのひまわり油の消費量が年間約17,000トンに対して、世界では年間1,300万トンも消費されています。(特にインドやアルゼンチンでの消費が多く、アルゼンチンの人口は日本の三分の一ですが、ひまわり油の消費量は510,000トンと日本の約30倍の消費量となっています。なので、一人あたりの消費量は実に90倍にものぼります)。

生産量は世界の植物油の中で第4位の生産量です。(パーム油・大豆油・菜種油に次ぐ生産量になっています。)世界の植物油の消費量の約9%がひまわり油(サンフラワー油)です。
※日本の全植物油に対してのひまわり油の消費量は0.7%と非常に控えめです。

世界のひまわり油の消費量の内、日本は0.13%程度。フランスの人口は日本の約半分ですが、ひまわり油の消費量は日本の20倍です!(ドイツ・イタリアも日本の15倍以上の消費量)
参考:ISTA Mielke社「Oil World誌」 「2011年度 1人当たり消費量の世界比較」

世界では非常に多く消費されているのに対して、日本ではあまり供給・消費がされていない植物油であると言えますね。

栄養面では抗酸化成分であるビタミンEが非常に多く含まれているのが特徴です。
また、食用だけではなく、ひまわり油は椿油やオリーブオイルのように香りにクセがない事もあって、肌や髪に塗ったりする美容用途やヘアケア商品としての使用も最近では多くなってきています。

2. ひまわり油の年間供給量

おすすめひまわり油集合写真

ひわまり油の供給量:19,360トン(日本の植物油では10位の供給量)

国内生産はほんの少し、海外からの輸入が19,360トン。原材料を輸入して日本で生産するのではなく粗油として油そのものを輸入しているのが日本におけるひまわり油の現状です。
主な輸入元はフランス、アルゼンチン、アメリカ等
2000年の国内総供給量は約22,576トンなので、この15年間で15%程度減少しました。主にアジア各国(新興国)との価格競争の激化や加工用油脂としての使用がパーム油に取って代わられた事が起因していると思われます。

ひまわり油の年間供給量2014参照:2015年 農林水産省「油糧生産実績調査」 財務省「通関統計」

3. ひまわり油の含有脂肪酸

ひまわり油の各脂肪酸比率参考:日本油脂検査協会

ハイリノールVer:オレイン酸 16%、飽和脂肪酸 10%、リノール酸 73%、その他
※グレープシードオイルと脂肪酸構成比が似ています。

ハイオレインVerオレイン酸 80%、飽和脂肪酸 9%、リノール酸 8%、その他
※こちらはオリーブオイルと脂肪酸構成が似ていますね。

というように、同じひまわり油でも、原材料の種子が異なることにより、わかりやすく脂肪酸の構成が変わってきます

現在出回っているひまわり油のほとんどが「ハイオレイック種の種子」から製造された油です。

元々のひまわり油は(在来種から搾った油)は上の表からもわかるようにリノール酸がメインです。その過剰なリノール酸が問題視され、1970年にソ連(現ロシア)でハイオレインのひまわり種子が研究され、アメリカで改良が重ねられてオレイン酸を80%含む品種が開発されました。

1980年代半ばから改良種の栽培が始まり、オレイン酸が豊富なひまわりの種(ハイオレイック種)を作ることに成功したため、世界でも第4位の生産量を誇る油となりました。そういった意味ではここ30年で大きく変化した植物油だと言えますね。

4. ひまわり油の精製方法

現在の主流であるハイオレイック種の種子原料は油分が多いように品種改良されているので、重量の45%近くが油分だそうです。※もともとの在来種は30%程度だったそうです。

精製が簡単で精製過程での損失は少ないのが特徴です。また少量ですがろう分を含むので、精製段階では脱ろうの必要があります。

歴史的には単純な圧搾法を用いて油分を抽出していましたが、今はヘキサンなどの溶剤を用いて油分を分離させる手法で工業的に大量生産をしているので、選定には注意が必要ですね。

5. うんちく

ひまわり油はJAS(日本農林規格)の「サラダ油原料として定められている9種類の内の一つ」になります。ただし、国内供給のほとんどを輸入している油でもあります。

JAS(日本農林規格)の「サラダ油原料として定められている9種類は、大豆、菜種、とうもろこし、米ぬか、ごま、綿実、紅花、落花生、ひまわり、の9種類です。
が、日本で現在、原材料(油糧種子)を国内で搾油している油は、大豆、菜種、とうもろこし、米ぬか、ごま、綿実、(紅花)、落花生、亜麻の9種類です。

なにか気が付きませんか?

そうです。「ひまわり油はJASでサラダ油の原料として認定されているにも関わらず、国内で(ほぼ)生産をしていない油」なのです。

以下に、「原材料を輸入して国内で採油している油」と「油そのものを輸入しているもの」の表を作りました。

日本で供給される植物油の主な輸入国
原材料名 主な輸入国
原料を輸入して
国内で採油
大豆 アメリカ・ブラジル・カナダ
菜種 カナダ・オーストラリア
とうもろこし アメリカ・ブラジル
米(ぬか) 日本・ベトナム・タイ
ごま ナイジェリア・パラグアイ・ミャンマー
綿実 オーストラリア・アメリカ
亜麻 カナダ・ロシア
油を輸入 紅花(サフラワー) アメリカ・オーストラリア・メキシコ
オリーブオイル イタリア・スペイン・トルコ・ギリシャ
ひまわり油 アルゼンチン・アメリカ・フランス
パーム油 マレーシア・インドネシア
ココナッツオイル フィリピン・インドネシア

現在、商売として精製されている油において、国産の原料は米ぬかだけで、ほぼすべての原材料(油糧種子)は海外からの輸入に依存しています。
※それを精製、採油して国産という事で販売しています。

地域産業や近年の油ブームによって、少量は国産菜種、落花生、ひまわり等の原料から植物油が生産されていますが、数量が1,000トンに満たない場合には、国の統計では0とされるのでどの程度の量が生産されているのかはわかりません。
※紅花も2000年頃までは国内生産と輸入が半分ずつの供給体制でしたが、現在ではほぼ全てが輸入になっているので、ひまわり油と近い状況となっています。

世界で言えばオリーブオイルの約4倍の消費量がひまわり油にはあります。
※世界のオリーブオイルの消費量330万トンに対して、ひまわり油の消費量は1,300万トン!

脂肪酸の構成比も最近のハイオレイック種のひまわり油はメインがオレイン酸ですので、それもオリーブオイルと酷似しています。また、植物油の中でもビタミンEの含有量はTOPクラスですし、他の栄養成分も豊富なので、オリーブオイルのように人気が出てもおかしくないと思うのですが、残念ながら日本での認知度はいまいちです。※「ひまわり油=イケてる油」という認識を持っている人は少ないと思います。

人気が出ない=価格が安い=ハイクオリティな油が作られない

という悪循環になってしまっているような気がしています。

海外で搾油してそのまま輸入しているものは多くがヘキサン等の溶剤抽出法が使われているので、大抵がプラスチック容器に入っていて、価格も安めです。そういうものではなく、国産(原料も生産も)、低温圧搾・一番搾りのひまわり油を選んでという条件はつきますが、是非ひまわり油を沢山の人に使ってみてもらいたいと思います。
※そんな最中、地域産業興しや近年の油ブームによって地産でひまわり油を作るメーカーさんも増えてきている現状があります。詳しくは商品紹介の項目をご覧ください!

もっと日本の良いひまわり油の市場が盛り上げるといいなと思っています!

ひまわり油の栄養素や効能、選び方とオススメ商品について知りたい方は、ぜひこちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

関連記事油の専門サイトがオススメするひまわり油ランキング

スポンサーリンク
error: Content is protected !!