油の専門サイトがオススメする菜種油ランキング5選

サプリメントマイスター/食用オイルソムリエ
40代男性、定期的に運動をしているにも関わらず健康診断でLDLコレステロール値が下がらなかったことをきっかけに油・脂習慣に注目し始める。食用オイルソムリエ、サプリメントマイスター資格を取得し、本サイトの編集長として専門性、信頼性のある情報発信を目指す

1. 菜種油の栄養素と効果・効能

菜種油「ビタミンE・ビタミンK・オレイン酸(オメガ9脂肪酸)」がバランスよく摂取出来るのが特徴と言えるでしょう。

若返りビタミンの呼称を持つビタミンEが豊富に含まれ、骨の形成等に関与している栄養素であるビタミンKも含まれています。また、植物油ではオリーブオイルについで脂肪酸構成にオメガ9脂肪酸であるオレイン酸が豊富に含まれています。

ただし、約60%がオレイン酸の菜種油に対して、オリーブオイルやひまわり油は約75~80%がオレイン酸であり、ビタミンEも菜種油の含有量は100g/0.014gですが、米油はその倍以上の100g/0.037gです。ビタミンKも100g/71.3μgに対して、大豆油などは100g/183.9μgと「これが際立っている!」というような栄養素や効果・効能は期待しないほうが良いでしょう。

2. 菜種油選びの注意点

①原料が遺伝子組換えのケース
菜種は日本で遺伝子組み換えものを輸入OKにしている8種類の一つです。(菜種、じゃがいも、とうもろこし、大豆、綿実、アルファルファ、てんさい、パパイヤ)

そのまま販売する際には遺伝子組み換えの表記が必要ですが、油に加工して販売する際にはその表記義務がないというおかしな制度になっています。おそらく様々な外圧がかかっていると思われます。
なので、遺伝子組み換えに関して疑問点を持っている方は控えたほうが無難でしょう。

②溶剤抽出法と高精製がメインの製法
大量生産が可能な大手メーカーさんにとって油販売は一定のニーズが常にあり、装置産業であり、二次利用もできるという魅力的な産業です。(装置産業とは、一度装置を作ったら後はずっと収益を生んでくれる産業のことです。サービス業のような人の管理はほぼ発生しないので、一度ポジションを取ると非常に収益性が高いのが特徴です)
しかし、そのためにどうしても大量生産をしなければ逆に採算が取れませんので、油糧種子から99%の搾油ができる溶剤抽出法を使い、見た目を整えるために(大量に販売するために)薬剤を使って色や匂いを消していきます。その過程で生じる健康被害は大手メーカーさんの知った事ではないので、No1の消費量の菜種油だからこそ、その点には注意が必要です。

3. 菜種油の耐熱温度

発煙点 245℃前後、引火点 320℃前後

炒め物・天ぷら等の普段の家庭料理にむいている使い勝手の良い油です。
高温の料理にも使用可能な油です。
(ただし、200℃を超えると有害物質(トランス脂肪酸)が発生する恐れがあるので注意してください。)

4. 菜種油のオススメ商品ランキング5選

炒め物料理1回に必要な油量を大さじ一杯(15ml=13.5g)という前提。

㈱創健社 国内産 菜種油(品目:食用菜種油)
内容量/
酸化する前に
使い切る
450g
購入価格/
購入し易さ
950円(税込)
単価/コスパ
(13.5gあたり)
28円
原材料/安全性 国内産菜種100%
抽出・精製方法/
安全性
圧搾法 一番搾り
容器/
安全性・保存性
透明瓶容器
総合評価 ★★★☆☆

菜種油において重要なのが、国内産菜種を使用する(遺伝子組み換えの心配がない)、溶剤抽出法ではなく、圧搾法にて抽出(できれば低温圧搾)の方が良いが、精製過程ではノンケミカルで精製する。一番搾りである等々ありますが、もちろん全てパーフェクトではなくても十分おすすめできるのがこちらの商品です。当然、若干ながら値段は高いのですが、他のプレミアムオイルに比べれば十分リーズナブルなので、家庭で菜種油を使用するのであれば、こちらがおすすめです。

楽天楽天で詳細をみる

平田産業㈲ 圧搾搾り 国産 菜種油(品目:食用菜種油)
内容量/
酸化する前に
使い切る
450g
購入価格/
購入し易さ
864円(税込)
単価/コスパ
(13.5gあたり)
26円
原材料/安全性 国内産菜種100%
抽出・精製方法/
安全性
圧搾法 一番搾り
容器/
安全性・保存性
透明瓶容器
総合評価 ★★★★☆

この菜種油は何と言ってもその抽出・精製方法に特徴があります。国内産の菜種原料だけを使用して、圧搾による一番搾りのみを何とお湯で不純物を洗い流すという本当に独特な製法で仕上げています。(悪い油は溶剤を使用して油を精製していきます)それにより焙煎菜種の香りと風味がそのまま残っています。(焙煎した菜種を脱色していないので、すごく赤い色をしています!)また、値段も決して安くはありませんが、十分に普段使いできる範疇ですので、「菜種油をそのものを使ったことがない」という方には是非おすすめです!

楽天楽天で詳細をみる

平出油屋 ひらいでの菜種油(品目:食用菜種油)
内容量/
酸化する前に
使い切る
660g
購入価格/
購入し易さ
1458円(税込)
単価/コスパ
(13.5gあたり)
30円
原材料/安全性 (無農薬)国内産菜種
抽出・精製方法/
安全性
低温圧搾法 一番搾り
容器/
安全性・保存性
透明瓶容器
総合評価 ★★★★☆

さすが菜種油は市場規模が大きいのもあって非常にユニークなものが出回っていますね。こちらもその一つです。内容量がちょっと多すぎるかな?という点を除けば原料や抽出・精製方法ともにGOODですので、是非普段使いに一度手にしてみて頂きたい油です。

以下メーカーHPより抜粋
「できるだけ自然に、香りが良くおいしい油を」という志のもとに油を作っている平出油屋(ひらいであぶらや)のなたね油です。 原料は無農薬・非遺伝子組み換えの国内産で、熱を加えず石臼の重みでじっくり搾った一番搾り油だけを使用しています。製造の工程で脱色していないため、一般のサラダ油に比べ色が黄色く、とろりとした質感です。こくのある味わいで、お料理やお菓子をおいしく仕上げます。 江戸時代から会津で商いを続けている「平出油屋」。薬品や酸化防止剤などをいっさい使用せず、昔からの玉締め圧搾法により搾った油を、手すき和紙で作った袋でゆっくり時間をかけて不純物をろ過しています。

楽天楽天で詳細をみる

長崎鼻B・Kネット 香々地 菜の花油(品目:食用菜種油)
内容量/
酸化する前に
使い切る
90g
購入価格/
購入し易さ
637円(税込)
単価/コスパ
(13.5gあたり)
95円 !
原材料/安全性 食用なたね油(国産ナナシキブ)
抽出・精製方法/
安全性
焙煎圧搾法・一番搾り
容器/
安全性・保存性
透明ガラス瓶容器
総合評価 ★★★★★

商品紹介ページより抜粋
大分県北部、純国産「ナナシキブ」種実から無添加のオイルを作ります。【敷地内の自社搾油所】にて、【昔ながらの圧搾法により薬品等を一切使用せずに】、じっくり丁寧に搾ります。菜種油の国内自給率は0.04%、まさに貴重な植物油です。【純国産種の安心ポイントの一つに「遺伝子組み換えの心配が要らない」事があげられます】。大半を輸入物が占めるなかで遺伝子組み換え種は避ける事が容易ではありません。純国産菜の花油です。菜の花油の特徴でもある【香り高い焙煎の風味】をお楽しみください。

【】内がこの油の特徴なのですが。完璧です!非の打ち所がありません。90gは使い切りにもちょうどいいサイズですね。

※ちなみにこちらでは、プレミアムひまわり油も作っおられるようで、
~大分県 豊後高田市HPより抜粋~
花公園として整備が進む香々地長崎鼻では、花の子実を使った植物油の生産・販売に取り組んでいます。 販売開始される植物油は健康志向の高まりに合わせ、品種を厳選し、昔ながらの焙煎圧縮法で精油を行ったこだわりの逸品となっています。

というように市をあげて取り組んでいるしっかりとした品質の油だと伺えるので、是非一度使ってみていただきたいですね。

天の川・菜の花油工房 尾田さんの無農薬なたね油(品目:食用菜種油)
内容量/
酸化する前に
使い切る
180g
購入価格/
購入し易さ
1,400円(税込)
単価/コスパ
(13.5gあたり)
105円 !
原材料/安全性 国内産(キザキノナタネ)100%
抽出・精製方法/
安全性
低温圧搾法 一番搾り
容器/
安全性・保存性
透明瓶容器
総合評価 ★★★★☆

無添加・無調整・生一番搾り・低温圧搾法(コールドプレス)・そして夫婦で手造りと必要な要素をすべて含んだ一品です。※最後の夫婦で手造りは必要かわかりませんが(笑)北海道は檜山郡の尾田さんというお宅の無農薬なたねを搾油したこだわりの菜種油で、個人的な希望としては「遮光瓶にして欲しいな」とは思いますが、それを加味しても十分におすすめできます。菜種油としては大さじ一杯の単価は最も高いプレミアム菜種油となりますので炒め物などの加熱用にも使用は出来ますが、基本的には生でお召し上がり頂くことをおススメしたいです。私はマヨネーズ作成の際には「菜種油・米油・エゴマ油」をブレンドしますので、それに使ってます。すごく美味しいですよ。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!